qrcode.png
http://www.taiyo-shinai.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社タイヨー産業
〒899-1922
鹿児島県薩摩川内市小倉町353番地
TEL:0996-22-7101
FAX:0996-20-5053

------------------------------------
剣道具製造・卸
------------------------------------
076835
 

スタッフブログ

   
弊社は武道具専門、特に竹刀専門ということで、日々いろいろな特注竹刀のご注文をいただいております。
剣士のこだわりの竹刀製作等、ご紹介して皆様の参考になればと思い、ブログをたちあげました。
これまで、製品化になるまでの試作品は表にはでることはありませんでした。
小さなことから大きなことまでございますが、仲間同士の会話の一部にでもなれば幸いです。
 
                                 タイヨー産業 スタッフ
 
 
フォーム
 
革鍔内径拡大
2013-09-13
革鍔の注文をいただきました。
極太の竹刀にあうようにとのことです。
直径が40㎜必要ということなので
あと、9㎜拡大しなければならないです。
通常の拡大器では難しいので
工場長にお願いして拡大してもらいました。
 
 
倉庫整理にて
2013-08-16
倉庫整理していると懐かしい竹刀がでてきました。
一番上側は通常の3.9尺の仕組品です。
中は特製青雲(これ位、胴の大きい材料はそうそうありません)
下は不明ですが、おそらく特注の竹刀だと思います。
実戦に使用したかは定かではありません。
 
竹刀削りナイフ
2013-08-10
そろそろ、ナイフの刃を替え時になりました。
竹の固い繊維に負けないように
かなり硬い鋼板を使いますが、板状からの
ナイフ製作も、職人技です。
水色っぽいのがその鋼板です。
細さを見ると大分使い込んでるのがわかります。
 
手造真竹 古刀 極重
2013-08-07
重い材料があったので、古刀型竹刀柄28㎜に削りました。
重いです。仕組むと700gオーバーになりそうです。
心技体、すべてに気合をいれないと打ち込めないのでは
ないかと思います。
 
特注誂黒革仕組品
2013-07-31
お客様からの注文で1本だけの誂えです。
観賞用ということでした。
でも竹刀が締まって見えます。
実戦で使用できるかは不明ですが。
 
技術交流
2012-09-15
去年の話になりますが、現在中国工場の技術者との技術交流が実現しました。
やはり、日本と中国とでは竹刀をつくる視点の違いがあるようでした。
技術交流によってお互いの竹刀に対する考えが、わかりあえました。
<<株式会社タイヨー産業>> 〒899-1922 鹿児島県薩摩川内市小倉町353番地 TEL:0996-22-7101 FAX:0996-20-5053